先輩からのメッセージ

総務や医療事務という立場だからこそ、
感じられる喜びややりがいがあります。

T・F(総務)/S・H(医療事務)

T・F
大学卒業後、病院勤務の傍ら滅菌技師の資格を取得。その後、一度医療分野から離れるも、「やはり医療に携わりたい」と前職の病院で事務職として勤務。当院に転職し、現在に至る。

S・H
医療事務を学ぶ専門学校を卒業後、新卒で外科・胃腸科のクリニックへ入職。同院が閉院になるのに伴い、「整形外科の医療事務を経験したい」と当院へ転職。現在に至る。

「整形外科で『すごい病院』と噂を聞いていた」(総務)

医療の現場に携わりたいと思ったのは、難病の父を救うきっかけが得られるのでは、という期待を持っていたからでした。
滅菌技師の資格を取り、8年ほど足利市の総合病院で勤務しましたが、30歳の時に父が他界。
それを機に医療分野から離れたところで働こうとしましたが、やはり自分にはこの世界が合っていると感じ、職種を変えて事務職として病院勤務を再開しました。
当院に転職してきたのは、当院の地元ではない宇都宮市出身の私でさえ「整形外科では有名な病院」という噂を聞いていたから。
どれほどすごい病院なのか、内側から体感してみたいと思い、偶然に当院の求人を見つけたことで、応募に至りました。
 
 

「『骨』の知識を増やしたい、と思っていた」(医療事務)

本当は、臨床心理士になりたいと思っていました。
大学を目指すも願いは叶わず、それでも医療に関わりたいという気持ちで医療事務の専門学校へ通いました。
新卒で入職したのは外科と胃腸科に対応するクリニックで、あまり「骨」にまつわる症例に触れる機会がありませんでした。
そのクリニックの閉院に伴って転職活動を開始しましたが、医療事務として「骨」に関する知識を増やしておきたい、という想いがあり、整形外科のある病院で働きたいと考えていました。
上三川は私の出身地なので、当院は入職前からよく知っていました。ハローワークの求人情報に当院の募集があったので、応募に迷いはありませんでした。
 
 

「コストダウンに直結する役割を任されている」(総務)

現在は総務課で、「用度(ようど)」を任されています。「用度」とは、一言で言えば病院運営に必要な資材や備品などの購買係のこと。注射器などの医療機器・器具から入院患者の方が日常的に使うものまで、実に8000品目にも及ぶアイテムの在庫状況の把握から不足分の発注、さらには発注先の選定に至るまで任されています。たとえば従来より安い仕入先を探し出すことが、病院経営におけるコストダウンに直結する。そう考えると、とても重要な役割を任せてもらっており、責任とともにやりがいを感じています。
総務課には他にもさまざまな業務がありますが、それぞれを任されている人たちと互いに協力しながら、任された役割を全うできているので、仲間意識が強いのが当院の総務課の特徴ではないでしょうか。


 

「暗かった表情が明るくなるのが嬉しい」(医療事務)

当院では病棟ごとに医療事務のスタッフを一人、配置しています。私もまさに病棟担当の医療事務を任されていますが、デスクに向かって仕事をしている時間はみなさんがイメージするより少ないように思います。
たとえば医療費の減免や障害者手帳の申請など、患者さんにとって経済的な負担が少なくなるような制度を調べ、ご家族はもちろん、看護師やリハビリ担当、ソーシャルワーカーなどと相談する。患者さんがご利用になっている保険がどんな種類かお聞きして、保険会社と連絡を取り合ったりする。
そんなアクティブな活動を通して、入院時には暗かった患者さんやそのご家族の方の表情が、だんだんと明るくなっていく様子を見るのが、私にとって大きなやりがいになっています。

 

交通アクセス

〒329-0611
栃木県 河内郡上三川町 上三川2360

JR宇都宮線石橋駅下車、関東交通バス上三川病院前で下車、徒歩1分
車の場合 新国道4号「上三川交差点」から車5分

お電話でのお問い合わせ

0285-56-7111

採用担当者